世界の水事情

世界の水事情はどうなっているのでしょうか?

世界の水はどうなっているのか?

それでは世界の水事情はどうなっているのでしょうか?

実際に世界中を行った、知っていると言う人はいないと思いますので水道普及率を簡単に紹介しておきます。まずは日本の現状はどうなっているのでしょうか。水道事情が世界一とも過去に言われた(※現在はトップクラスと言ったところでしょう)日本ですが、水道普及率は97%とされています。これは瀬戸内海などを中心に日本には小さな島々がたくさんあるため、水道局がない地域があります。近年内地から水道管を島まで通す工事が着々と進んでいて徐々に数値は上がっています。しかしまだまだ普及していない地域もあり、船を使って輸送されています。日本でさえ100%じゃないって驚かれたのではないでしょうか。

日本にはまだまだ井戸が残っています

また日本では今も井戸を使用している地域があります。井戸を使ったことのない方も多いかと思いますが、探してみると井戸はまだまだ残っています。東京の下町などもあるくらいですから。しかし水質が悪くなって使えない井戸も少なくありません。東南アジアでも井戸は多く使用されています。しかし水質汚染を確認せずに使用し、病気になる、また病気になることをわかっていても使用しなければ生きていけない地域があるのも事実です。

使用できなくなった井戸は水の歴史を感じさせます

世界を見てみると、100%に達している国もあります。イギリス、スイス、スウェーデン、ブルガリア、アメリカ、カナダなど、多くの国が挙げられます。先進国を中心に水道は完備されていますが、世界中で僅かこれだけしかありません。実に少ないと思いませんか?

逆に水道事情の悪い国々を挙げてみると、アンゴラ、エチオピア、カンボジアなどが20~30%台とあまりよくありません。悪い地域では都市部と農村部では普及率に大きな差があり、農村部にはほとんど普及していないのが現状です。

また普及している水道水に細菌が繁殖してしまうため安全に飲めないところもあります。だから海外では「生水を飲まないように」という話が出ているのです。

日本のようにミネラルウォーター=水道水の代用と思っている国はほとんどありません。

健康のために、生きるためにミネラルウォーターを飲むのは世界的には当たり前のことなのです。また水だけでなく氷も危険です。東南アジアでは冷たい飲み物に入れる氷は、質が悪いものを使っているため、体調を崩す日本人が多いのです。また過去に戦争や内乱が多い起こっていた国では、水道事情が大変悪くなったまま復興できない国も数多くあります。

日本がいかに幸せな水の環境にあるのか、おわかりいただけたのではないでしょうか。それでも日本の水道水の安全は揺らいでいます。そろそろ世界的な価値観を持つべき時代が来ているのかもしれません。

おすすめ情報

バイナリーオプションでの勝率を高めたいなら、マキセバイナリーオプションブログのインジケーターを使うのがおすすめです。元プログラマーの経験を活かして独自に開発したインジケーターで、ROYAL CLASSという月額会員クラブに入会すると使用することができます。副業や在宅ワークとしてバイナリーをしている方や専業のトレーダーの方など、どんなタイプの投資家でも結果が出せる高い精度のインジケーターとなっています。管理人がパラメータを定期的に調整しているので、相場が変動しても安定した勝率が継続できます。他にも金星ポイントを狙える限定ツールも配布しているのでチェックしてみてください。

バイナリーオプションのインジケーターはこちらから