中東諸国の水事情

アジアの水事情はどうなっているのでしょうか?中東編

砂漠の多い中東諸国の水

それでは砂漠の多い中東諸国はどうなのでしょうか? 中東諸国は、豊かな石油資源のオイルマネーを使って上下水道設備を導入しています。アラブ諸国の水道普及率を見ると、サウジアラビア(95%)、アラブ首長国連邦(95%)、イラン(92%)、イラク(85%)と、いずれも高い水道普及率を誇っています。とても砂漠が大半を占める地域とは思えません。

しかし供給されている水は極めて危険です。というのも外気温が大変高いこれらの地域では、水道の水が水道管を通過している終始ずっと、人間の体温に近い、細菌が最も繁殖しやすい温度に保たれてしまうからです。

中東諸国の国の一般家庭では、飲用、料理用水などを確保するために、多くの家庭ではミネラルウォーターを配送してもらっています。毎日夕刻に玄関先に大きなボトルを出して翌日早朝には水業者によりミネラルウォーターが配送されるシステムが確立していまです。このように水道水は入浴、洗濯、トイレなどの生活用水のみ使うと割り切っています。配送されるミネラルウォーターは、一度の配送で一日に使う充分な量の水を入れることができる大きなボトルが用意されていて、値段的には高くありません。

日本と比べるとミネラルウォーターの消費量は数十倍と高く、水の安全や大切さを当たり前に考えている地域です。日本の水事情がいかに恵まれているか、感じ取れると思います。