水の基礎知識

世界の水事情や人気の水について解説する水専門サイト。

日本の水資源

普段みなさんが当たり前に使っている水道水。でもそれは世界中を見渡すと、特別なことで私たちはとても恵まれているのだ、ということをご存知でしょうか。

飲用できる水道水は世界的にみると当たり前ではない

世界中の水道水事情をみると、蛇口をひねれば水が出る、飲料水がどこでも買える、そんな国は実はそう多くありません。井戸や湧き水に頼っている、水質の悪い水を飲まなければ生きられない、そんな国が世界中にはたくさんあるのです。また河川の上流と下流の国同士が水質資源を求めて争うということも珍しくありません。日本は島国のため実感が沸きませんが、そのような争いは少なくありません。

正直なところ、毎月数千円貯金する余裕があるなら水道水を飲用するのはもう止めませんか?ヨーロッパでは飲用=ミネラルウォーターが常識です。実際日本でも水道水を飲まない若者が増えています。水道水はおいしくありません。当たり前です。汚れた水源の水を強力な薬を使って浄水しなければ飲めないからです。しかも安全ではないとしたら、それでも飲みますか?

水の綺麗な水源地

日本には水の綺麗な水源地がいくつかあります。しかし、慢性的に水不足問題を抱える外国企業に日本の水源地が買収されるという噂が絶えません。それだけ魅力的なミネラル成分を含んだ水源がたくさんあるのです。それがウォーターサーバーの天然水です。都市圏で水道水を飲用している方は、そのような綺麗な水源の水を飲んだら驚くのではないでしょうか。当サイトではそんな国内の天然水を紹介していきます。ウォーターサーバーを導入して、水を安全なものに変えると食生活が大きく変わります。お試しあれ。

日本の水事情

日本では水が豊富で水道水も飲めるほど清潔です。しかし一方で世界では飲料水を巡り、水源の争奪戦が行われる程、きれいな水は貴重になっています。このサイトではそんな水についての基礎知識や、世界中の水事情をご紹介。益々希少になる水について考えていきます。

日本における水

一昔前までは「水はただ」という時代があり、水を買う事すらなかった日本ですが、2000年ころからミネラルウォーターが浸透し始め、水を買う事に抵抗が無くなってきた上に、東日本大震災以降、飲料水の確保という考えが浸透し、一気にウォーターサーバーの需要が高まりました。多くのメーカーが参入し、市場規模も増え続けています。沢山のメーカーが参入した事で、各社の競争も激しくなり、各地の名水がどこにいても飲める時代になっています。

最近ではサーバーレンタル料も送料も無料という会社が多くなり、美味しい天然水が水の料金だけで自宅に届けられるようになっています。

おすすめ情報

外食でも内食でもない、テイクアウトして好きな場所で食べる中食というブームがあり移動販売に注目が集まっています。今は店舗を構えなくても出来立ての美味しい食べ物が提供でき、見た目も写真映えのするお洒落な食べ物が増えてきています。その移動販売の大事なお店となる車がキッチンカーと呼ばれるものです。運転席より後方は調理・販売スペースとなっており、その場で食べ物を調理しすぐに提供することができるため、お客さんは出来立ての一番美味しい状態を食べることができます。そのキッチンカーと呼ばれるものは、主にレンタルできるものと一から制作する方法があり、長期に渡って営業していくなら制作した方がコストがかからない場合もあります。特に手軽に使用できる軽自動車のキッチンカーなんかは制作費用も安く収まり、税金や車検などのランニングコストも少なく済むのでおすすめです。店舗の賃料がかからない分売上が浮くので、初めての個人経営であまり費用をかけられない方に最適です。

埼玉のキッチンカー制作はこちら